プチ断食・ファスティング・1日1食・糖質制限…など、食事の摂り方に関するダイエット法はたくさんあり、その時々で話題を集めていましたよね。

しかし、これらのダイエット法には何かと制限が多く、続け辛いのが現状です。また、やり方を間違えると、逆に太りやすい体質になってしまう危険性もあります。

今回は、危険なダイエットによる身体への影響について解説し、「キレイ」を手に入れるためのおすすめのダイエット法をお伝えします!

危険なダイエットの末路とは?

私たちは、食事からエネルギーの源になる【タンパク質・脂質・糖質】の三大栄養素を取り入れて、生命を営んでいます。そして【ビタミン・ミネラル】を含めたは五大栄養素をバランス良く摂ることで、代謝活動がスムーズに行われます。

間違ったダイエットにより、過度な食事制限・偏った食生活になると、栄養不足・栄養バランスの乱れを招き、代謝活動が乱れてしまいます。危険なダイエットは、以下の3つのような症状を招きます。

【①髪の毛のパサつきや抜け毛を招く】

頭皮や髪の毛のトラブルは、栄養不足のサインの1つと言っても過言ではありません。

髪の毛は私たちの身体を構成する大切な部位ですが、生命を維持する点では優先順位が低く、食事からの栄養が減ると、髪の毛に栄養が回りにくくなります。そのため、パサつき・抜け毛といったトラブルを引き起こす原因となります。

【②肌トラブルを招く】

脂質の摂りすぎはニキビ・吹き出物の原因の1つになりますが、カロリー制限による脂質・動物性食品の不足は、乾燥肌やハリ・ツヤ不足を招きます。美肌を保ちキレイに痩せるためには、五大栄養素をバランス良く摂る必要があります。

【③基礎代謝量が下がる】

体温の維持・心臓の拍動・消化運動などの生命活動に使われるエネルギー量を「基礎代謝量」といいます。1日中何もしなくても消費されるため、基礎代謝量が高い人ほど太りにくい体質と言えます。そして、基礎代謝量は筋肉量の多い人ほど高い傾向があります。

1日の食事の総カロリーが基礎代謝量を下回ると、身体は生命の危機を感じ、省エネモードに入ります。つまり、【消費カロリーを抑え、エネルギーを蓄える】よう、私たちの意思とは反して、勝手に調整し始めるのです。

身体にとっては、「キレイに痩せる」ことよりも、「生命を維持する」ことの方が大切なのです。

キレイに痩せるにはしっかり食べる!

カロリーばかりを気にするダイエットは、栄養不足・栄養バランスの乱れを引き起こすため危険です。ダイエットに「食べ過ぎ」はNGですが、「食べなさ過ぎ」もいけません。最低でも、基礎代謝量以上のカロリーは、食事から摂るようにしましょう。

【女性の基礎代謝量の計算】

<公式>
665.1+9.6×体重kg+1.7×身長cm-7.0×年齢
<例:30歳 53㎏ 160㎝ デスクワーク中心>
665.1+9.6×53+1.7×160-7.0×30=1236kcal

そして、基礎代謝量に身体活動レベル(1.5~2.0)を掛けたエネルギー量が、1日の摂取量の目安になります。デスクワーク中心の人は1.75、仕事やスポーツで活発に身体を動かす人は2.0を掛けて計算してみましょう。

【エネルギー必要量の計算】

<例:30歳 53㎏ 160㎝ デスクワーク中心>
1236kcal×1.75=2163kcal

普段の食生活では、主食・主菜・副菜の揃った食事を心掛け、さまざまな食材から栄養素を取り入れてくださいね。

【筋トレ+有酸素運動】がダイエットにはおすすめ

残念ながら、食事を減らしただけでは、体脂肪は減りません。食事を急激に減らすことで、身体は勝手に省エネモードに入りますが、生命活動の維持ため、筋肉よりも熱効率の高い体脂肪を重宝します。つまり、更なるリスクに備えて、体脂肪を身体に残し、足りないエネルギーは、筋肉を破壊して補おうとするのです。

食事のコントロールは体脂肪を増やさないために必要ですが、それだけでは今まで溜めてしまった体脂肪は減らせません。蓄積した体脂肪は、運動で燃やしましょう。

おすすめの運動スタイルは【筋トレ+有酸素運動】です。筋トレで体脂肪を【分解】し、有酸素運動で【燃焼】させましょう。

また、筋肉を維持するためには運動後の栄養補給も重要です。運動後30分以内が回復のゴールデンタイムと言われているため、プロテイン・HMBサプリなどを上手に活用し、素早く筋肉に必要な栄養を届けましょう。

ダイエット方法を見直して理想の自分を手に入れよう

「早く痩せたい!」「早く変わりたい!」
そんな想いから、無理なダイエットをしていませんか?

今の身体を作ったのは、今までの食事と生活です。
少しずつ習慣を良い方向に変えていき、理想の自分に生まれ変わりましょう!